婚活・パーティー・真剣な出会い・お見合いは、リエゾンピュア結婚相談所|婚活ブログ|

お電話でのお問い合わせは0120800837
お試しお相手紹介医師専用申込みカウンセリング申込み
婚活必需品、パソコン・・・ 「結婚相談所 リエゾン」 
パソコンが得意な人。
会社に1人はいるものですが・・ほんとうにその強みは
これからの世の中に絶対必需人?ですね。

ITの便利な手段はたくさんあるけど
使いこなすだけの知恵がないと、めんどくさいだけ。
ちょっとプリンターを変える、スキャナを変える
メールアドレスを新たに設定する

そんな簡単そうなことに何時間もかかった挙句、できない。
われながら嫌になってきますね。

アラサー世代の方はまだ良いようですけど、
意外にもITリテラシーが低いのはアラフォー世代。
学生時代くらいにはもうパソコンは必需品だったし、
携帯電話も・・社会人になるかならないか位の時代には
大多数の人が携帯電話を持ち歩いていたような気がする。

なのになぜ???

会員さんにも、アラフォーに近づくにつれ、
「パソコン苦手で・・」とかいう方が増えてくるよう名気がします。
意外にも団塊の世代のほうが、チャレンジ精神旺盛だったりするのも不思議。
ソーシャルネットワークサービスを使っている、という方も案外少ないアラフォー世代。
これではいけないなあ・・
新しいものはどんどん使っていかないと、
気がつけば世の中についていけなくなりそう。。

私は比較的、なんでも試してみるほうですが、、
それでも、今回はわからない。。何で繋がらないのか・・・。


今日も、一日試行錯誤しそうです。
本日カウンセリングの皆様。詳しい方がいらっしゃったら
ぜひご教授くださいませ。


結婚相談所  リエゾンピュア

別ウインドウで見る ( 7 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1484 )
車が好きか、ドライブが好きか。。 「結婚相談所 リエゾン」 
先日のカウンセリング。
男性スタッフと男性の新規ご入会の方とのお話。
ご趣味などお伺いしているところで、
車の話で大盛上り。

私は、免許もオートマだし、車は走れば良い派。
実用品以外の何ものでも無いでしょ。と思っているので、
どれほどの素晴らしいものなのか、
何がそんなに嬉しいのか。正直なところ、さっぱりわからない。

でも、好きな人同士では、もうそれは、いくら話ても話尽きないようで。。

こちらは、言ってることの半分も理解できず。
メンテナンスが大変、燃費もそんなに良くないし、部品が日本で手に入るかどうか、
なんて言いながら、決して困りきった顔ではなく、むしろ嬉々として話す
ふたりの光景に、苦笑するばかりでした。

「ドライブが好きというよりは、むしろ車が好きなんですね?」と
振ってみましたら、「いや、ドライブも好きです」
・・・ど、どちらに行かれるんですか?
「いや、車は走らせないとだめなんですよ」

・・・ってことは、やっぱり車が好きなんじゃないかぁ!!!
と、心の中で突っ込みをいれながら、車ネタに脱線してしまったカウンセリングの
軌道修正を図るのでした。



結婚相談所 東京 リエゾンピュア


別ウインドウで見る ( 4 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1632 )
新居の場所・・・ 「結婚相談所 リエゾン」 
ご成婚して、近い将来のご結婚にむけて
今が人生で一番楽しい時期・・に、突き当たる難しい問題のひとつ
それが、新居の場所選び。

ステキマンションに新婦をお迎えしたい新郎さん
既に二世帯住居を建築済みで、まずは二人だけで住むから良いよね?っていう
新郎さん。

新婦さん側でも、近い将来子供が出来たら、と思うと
実家の近くが良い、それだけは譲れない。。
なんていう声も。

お互いに譲れないところ。住むとなると生活の基本のキ。
『私のこと、考えてくれない』
『こんな事で、意見をあわせられないなんて、今後大丈夫かな?』
『結局、自分の親が大事なんじゃないか・・・』
そんなこと、ないんですよ。お互いに、同じ主張をしているだけ。
でもまずは、これを乗り切らないと。。ですね。

ちなみに、お二人のお仕事の場所、どちらに近いところがいいか?
迷われた場合には、私は女性の側の希望をまず優先しては?と
アドバイスしています。

今は、男性も家のこと出来る方増えてますし、男性も女性も
同じように責任ある仕事を任されている年代の方が多いです。

でも、なんだかんだいって、家のことも、仕事もって
頑張りがちなのは女性かなと思います。優先順位がどっちも高い方、
多いような気がします。
快適にも暮らしたいし、任されているお仕事も頑張りたい。
(男性の方、ゴメンナサイ)
両立する、っていう能力。高いのは得てして女性だと思うので、
きがつけば、家事の大半は妻が。。となる確立は高んじゃないかしら。

なので、女性の利便性を優遇するほうが、夫婦円満になるような気がします。



今日のブログは、微妙にとある卒業会員さん向けの内容に
なってしまったような気もしますが。

皆様のお幸せ、心から応援しています!


リエゾンピュア

別ウインドウで見る ( 20 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1585 )
ご成婚・・・になりますように!! 「結婚相談所リエゾンピュア」 
交際期間5ヶ月目・・。
そろそろ、気持ちを固めようかなあ・・・というご相談がありました。
(ブログに書くのはご本人の承諾済みです☆)

お相手の女性は30代前半。結婚もしたいし、仕事も楽しい。
毎日遅くまで残業をしているし、お休みの日のたびにお会いすることも
難しくて、2週間以上会えないことも多々あるみたい。

それでも、お電話したり、お昼休みのランチを一緒にとったりと
少ない時間を有意義に使うようにしてきたそうです。

実は3人めの交際・・なMさん。
お見合いが成立して、交際に入って・・
忙しく3人の女性とお会いするなかで、
気がつけば、1人の女性とのアポイントを優先するようになっていたとのこと。

その時点でほかの方はみんなお断りして、
交際を続けて2ヶ月。

満を持して、プロポーズをしようというお気持ちになられたようです。
本当は、桜の時期にプロポーズしたかったようですが
震災があり・・・
大学時代の友人が被災したり、といろいろ大変な状態になり
少し遅くなったようですが、
この間、女性の側ともいろいろ深いお話をする機会もあり・・
(震災関連で)かえって二人の関係を深めることができたとのこと。

震災を機に婚活を始める方も多かったですが、
やはり人生について、いろいろ考える機会になる方が多いですね。

やはり男性の側からちゃんとお伝えしないと・・・と
ご自身のお気持ちを、確認したいような先日のカウンセリングでした。

あとは、行動あるのみ。

頑張ってくださいね☆

結婚相談所 リエゾンピュア

別ウインドウで見る ( 29 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3.1 / 1647 )

<< <前へ | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 次へ> >>