結婚相談所 東京(銀座・渋谷・池袋) 成婚重視の【リエゾンピュア】 公式WEB

お問い合わせは
お試し結婚お相手紹介無料カウンセリング申込み
今日は、このあとカウンセリングランチ☆ 
このまえ、ブログに書いた食べ方NGのお話、覚えてますか?
今日は、あのブログを読んでご自身の食べ方が気になって・・という会員さんと
カウンセリングランチです。

ナイフやフォークの使い方より、お箸のほうが目立つので
今日は結婚相談所リエゾンピュアから程近い、ちょっと美味しい和食屋さんに
早めランチしてきます

いろいろ厳しい意見を書いたので、「自分の食べ方も気になる・・」
というご相談、思った以上に頂きました。。
うちのスタッフにも1人、「グサッときました〜」と言うスタッフがいましたが、
私からみると、そのスタッフなんかは、全く問題なし!
日ごろから気にして注意している人ほど、上記の記事が気になったのかな??と
思います。

気になるってことは、意識もしているっていうことだと思います。
本当に問題なNGな方っていうのは・・ご自分で全く気にしたことがない方
なのではないでしょうか???

おっと。時間になってしまいました。
それでは!

mori

高収入の浪費家 VS 低収入の節約家 
2009/07/29, 09:20 PM - 婚活ニュース
低収入の節約家と高収入の浪費家、どちらと結婚したい?というウェブ記事が
ありました。

みなさんはどちらですか?

私は断然高収入の浪費家だったのですが、かなり少数派みたいです。。
低収入で、節約ばっかりだと息がつまるから、
人生楽しいのは高収入の浪費家じゃない?と言ったら
・・・・カウンセラーなのにわかってないよね。 とのきつ〜いご意見が。

もちろん浪費家にも限度があって、
確かに、いくら高収入でもそれを上回る浪費をするってのは
ちょっと考えものですよね。

低収入でも、必要な支出には無駄を省いて、
メリハリをつけた使い方をすれば、むしろその方が
長い目で見れば安心・・・ということなんでしょうか。

ちなみに、
ロイター配信の記事で、ペンシルベニア大学の教授の発表として、
節約家は浪費家と、浪費家は節約家と結婚する傾向があるとのこと。
また、その前の年にカーネギー・メロン大学の教授が発表した調査結果で、
「収入の額とは関係なく、出費することにどれだけ苦痛を感じるかが
貯蓄額やクレジットの利用額を左右している」ということが、
この傾向を説明できると指摘していました。

つまり、お金を使うことに苦痛がある人は、お金を使うことに
苦痛が無い人に魅力を感じるということだそうです。
・・じゃ、浪費家は節約家に惹かれるということは、基本なくて
節約家が浪費家に惹かれるっていうこと・・?

お金を使うことに対する意識、だけじゃなくて
お互い自分が持っていないところに惹かれるとか
「割れ鍋に綴蓋」みたいなカップルって、
王道の組み合わせだと思いますが、
正直なところ、お金を使うことに対する意識に関しては、
一致しているほうが、結婚生活はうまくいくんじゃないかと思います。。

でもまあ、現実は、節約家が浪費家と・・浪費家が節約家と結婚する傾向が
あるんですよね〜。(日本だとどうなんだろう?!)

難しいところですね。


mori

海外ブライダルニュース 
2009/07/28, 01:03 PM - 婚活ニュース
イタリアへの日本人旅行者の減少が続いているそうです。

ピーク時200万人を超えていた旅行者が、09年度は100万人まで減少の見込みで、

イタリア、ベルルスコーニ首相も危機感を表明していると報道されています。

ユーロ高や新型インフルエンザの流行、豊富な観光資源にあぐらをかいてサービスの

水準が低い、といった構造的な原因も指摘されていますが、イタリアへの観光客自体

は増えているにも関わらず、日本人観光客の減少が顕著だそうです。

マスコミ的には、景気の低迷や中国への旅行者の増大などと解説していますが、欧州

への旅行者の数をみると、ドイツやフランス、スイスなどは増大しています。

もともとイタリアは治安が悪く、ローマから南は特にひどかった・・・。ナポリなど

駅前を歩くだけでもちょっと怖い・・・って印象でした。

私が、学生の頃は、東洋人お断りのホテルがローマのテルミニ駅の周辺にあったくら

いです。

人種差別も根底にあるのか、特にアジア人に対するサービスが悪いという印象をお持

ちの方も多いでしょう。

先日もローマの老舗のレストランで日本人観光客が、ランチで9万円を超える金額を

請求され、かってにチップも含めて、クレジットで決済されてしまったそうです。

問題は語学の壁です。日本人はおとなしく、クレームをいれることをしませんが、お

かしいと感じたら、たとえ語学ができなくとも日本語でもかまわないので、きちんと

おかしいと強く言うことがコツです。怒ってることくらいは伝わります。

警察にも堂々と言って、日本語でもよいのでこういう詐欺にあったというべきでしょ

う。

だれも何も言わないので、日本人はおとなしい・・いいカモ・・・くらいに思われて

しまっています。

海外では自分の身は自分で守る危機管理が必要です。

しかし、私はもっと日本の方に海外を経験してもらいたいと思います。イタリアも

すばらしい国ですが、愛想がないことで有名なパリやロンドンも見所がいっぱい

です。行かないとわからない、すばらしい世界があります。

欧州の歴史の重みを肌で感じることが出来るでしょう・・・。特に若い方には積極的

に海外を経験していただきたいと思います。

毎年、渡欧するたびに一人旅の若い日本人男性のバックパッカーが少なくなったと

感じています。

パック旅行。集団で移動する・・・必ず友人と一緒・・・定番です。

これも昨今の草食系の所以でしょうか・・・?

圧倒的に女性の方が多いのも事実です。

海外挙式も大半は女性主導で進みます。なぜなら男性に旅行経験がないからです。

男性が多少頼りなくても、それは仕方がないかも知れませんね。 

海外の経験がなければちょっと緊張するし、危機管理も良くわからないのが現実でしょう。

私たちは海外の事情にかなり精通しています。

旅行会社や旅行雑誌では得られない生の現地情報で、海外挙式や新婚旅行などを

コーディネートしています。

安心してご相談くださいね・・・・・★

Hasta luego.

yukie★
婚活セミナー カラーコーディネート編 
7月第4週の婚活セミナーも、おかげさまで無事終了いたしました。

今回のカラーリストによる簡易診断は、なかなか皆さん楽しまれたようでした。

思えば、色について......なんていうのは

芸術系の学校に進んだ方は学ぶ機会がおありだったでしょうけど

多くの方にとっては、体系的に学ぶことは、なかったのではないでしょうか。

特に男性の方には、なじみのない分野だったようです。



冒頭で、「自分の色は何色ですか....?」という質問に

皆さん困惑されていたようでしたが、^_^

まずは自分の色を知ることからセミナーがスタートしました。



自分の色には大きく二通りあります。

一つは、自分自身の肌、目、髪の色・・・。

次に内面的な色・・・性格も色分けすることが出来ます。

そしてもう一つ、その場の環境色も意識することが大切です。



自分の色を知る事で、貴方にとって一番魅力的に写る色や服装、小物など.....

自分自身を引き立たせる、本当の自分に似合う色を発見することが出来ます。

皆さん、ネクタイやスーツ、ワイシャツなど自分の好きな色を着ていませんか?

もっと自分自身を積極的に魅力アップしましょう。



ということで...........☆





実際に、個々人の診断にはいると、

興味津々なご様子。逆にいろいろ、ご質問も出てきて、

所定の時間内に終わらない、といったハプニングもありました。


是非、お見合いのときや、お写真撮影のときに

今日の診断をぜひ活かしてもらいたいですね.......☆


ご参加の皆様、お疲れ様でした。
yasuda

<< <前へ | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 次へ> >>

結婚相談所 東京 リエゾンピュア - 0.1977 秒にロードしました。 | 閲覧回数: 258920