結婚相談所 東京(銀座・渋谷・池袋) 成婚重視の【リエゾンピュア】 公式WEB

お問い合わせは
お試し結婚お相手紹介無料カウンセリング申込み
忘年会続きで・・・ 
このところ、忘年会が続いて・・・
胃袋の調子もイマイチですが、不思議なもので
忘年会の席につくと、体調不良もすっかり消えて
またまた飲みすぎてしまう。

30代、40代の方には、そんな方が多いのでは?
私もご多分に漏れず・・・・です。

さて、仕事上の忘年会は、最近では随分減ったように
思いますが、たまに集まるプライベートな忘年会では
誰がどうした、こうしたと、久しぶりな近況が聞けて
楽しくもあり、ちょっと面倒だったりも..

最近では、ママが増えて
子供の話題で盛り上がったりもするのですが、
みんな晩婚で、まだ乳幼児な子供ばかり。
赤ちゃんのオムツがどうとか言いながら、
腰が痛いだの、白髪が増えただの、
健康に関する話題も増えてるのって、なんだか変な感じです。

人間、気持ちはいつも20代なのかなあと思います。
学生の頃や、10代の頃を思うと、すごい昔な気がするのに
社会人になった頃、20代頃のことを思うと、
ついほんの最近なような感じがする・・ってことないですか?

そんな気持ちでいて、かつ、あまり変わらない容姿の
懐かしい友人を見回して、話題にギャップがありすぎるのが
可笑しかったです。

皆様も、あまり飲みすぎないように。


結婚相談所 リエゾンピュア


土鍋料理★リエゾン花嫁修業?! 
最近、土鍋に凝ってます。
いわゆる”鍋”だけじゃなくて・・
調理道具として活用してみると、これが結構良い感じです。

土鍋だと、保温が効くからか、
食材への熱の通りが良いような気もします。
普通にご飯も炊けてしまいます。

大きな土鍋で料理をしてから、
小さな一人用のお鍋に小分けして、
再度加熱してテーブルに出すと、
簡単料理でも、なんだかとっても気が利いた感じに・・

最近は、鶏肉と大根の煮物がお気に入りです。
コラーゲンたっぷりな手羽元を使うのがオススメ。
まず鶏肉を葱やしょうがなどの薬味と一緒に煮ます。
お水の量は、鶏肉が全部お水の下に入るくらいで良いです。
沸騰したら、灰汁をとって、土鍋のふたをして
10分くらい弱火で煮ます。
その後、薬味を取り出してから、
みりんやお酒と一緒に大根をどばっと入れて
茹だってきたら、お醤油を少々で味付け完了。

あとは、またふたをして適当に煮てから
火を止めて、余熱調理★

普通にお鍋で作るより、大根の味のシミ具合も早く、
大量に作り置きして、食べる前に火を通すのを
繰り返すだけで、どんどん美味しくなります★

小さなお鍋に移して、温めてから
好みで、ゆず胡椒や粗引きマスタードを添えると
また風味が変わってステキです。

簡単で、なんとなく手が込んでいるような感じがするので
お料理苦手な方にもオススメです。

※調味料の分量は、適当で良いかと思います。
 お酒とみりんは同量くらい。(併せて1カップくらい?)
※お醤油は、かるく2回りくらい。
※お砂糖は、気持ち多めに大匙1くらい
※手羽元は5本から10本、
※大根は、お鍋に入るだけ入れます。
(おでんの大根くらいの厚さに切ります)


ぜひ、皆様。作ってみてくださいね。

結婚相談所 東京 銀座リエゾンピュア

ポーランド ワルシャワ報告・・LIAISON 
ポーランド ワルシャワ報告です。

ワルシャワと言えば、皆さんは何を連想しますか?

ソビエト連邦の衛星都市、アウシュビッツ・・・

あまり良いイメージはないかもしれません。

しかし、ワルシャワの最大の魅力は、戦火によって8割近く破壊されたにも関らず、

目抜き通りのノヴィ・シフィアット(新世界通り)には、カフェやブティックが建ち並ぶ・・・、

パリをも彷彿とさせる、たいへん美しい街です。


歴史の影には、負の遺産もたくさんあり、その中でも文化科学宮殿は、威圧的で、

当時のソビエト共産主義を思い出します。


文化科学宮殿


文化科学宮殿からの眺め マリオットホテルが最近できました。

修復された旧市街です。



美しい街並みに建物、広場、中世のヨーロッパを感じる美しさは、

私の中では、ブルージュやトレド、リガ・・・と並ぶ美しさです。



たいへん親日的な国で、(ナチス政権下のドイツによる迫害を受けていた

およそ6,000人にのぼるユダヤ人を救ったことで知られる。杉原 千畝(外交官)

の話なども、よくご存知で、ホテルのフロントのお姉さんに逆におしえられました。


皆さんも、ぜひ旅のワンシーンに加えてください。


海外情報、結婚相談 銀座のリエゾンピュア

春夏冬二升五合 
皆様、タイトルの読み方お分かりになりますか?
春夏冬二升五合

ヒントは商売をしているお店、飲食店に多いらしいですが
店先によく書かれているようですよ。

最近、この文字を大阪の某居酒屋さんで目にして
????????
読み方を聞くと・・なるほど。。です。
目からウロコ、な驚きでしたので、皆様にもご紹介★★



その答えは・・・


「商い益々繁盛」と読むそうです。
春夏冬・・で、秋が無いから「商い」
二升・・(ふたマス)なので、マス、マス
五合・・一升は十合なので、五合だと1升の半分だから半ショウ→「繁盛」

昔の人ってよく考えてますよね。
前に銭湯の話をブログに書いた事がありましたが、
覚えていて下さってますでしょうか?
木の板に「ぬ」と書かれたものが入り口に掛かっていたら休業中
同じく「わ」と書かれていたら、営業中

面白いなあと思いました。

リエゾンも、ご縁をたくさん取り持って、
春夏冬二升五合といきたいものです。



結婚相談所 東京 リエゾンピュア




<< <前へ | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 次へ> >>

結婚相談所 東京 リエゾンピュア - 0.2707 秒にロードしました。 | 閲覧回数: 256714