婚活・パーティー・真剣な出会い・お見合いは、リエゾンピュア結婚相談所|婚活ブログ|

お電話でのお問い合わせは0120800837
お試しお相手紹介医師専用申込みカウンセリング申込み
成婚退会 !「昭和型結婚からウイズコロナ。そしてオンライン時代への結婚観の変遷」 
【創業20年】

過去から未来へ、私たちは結婚観の変遷を見つめてきました。






平成時代は、昭和型の結婚観の崩壊を予感していましたが、令和になって、また別の意味で、ウイズコロナ・・アフターコロナ・・と、少し状況が違っているように感じます。


昭和のバブル全盛期には、仕事の出来る高収入の男性と、入社間もない20代の女性との社内結婚も多く、よく結婚式に招待されて上司が祝辞を述べて・・など普通の光景でした。また、大半の女性は専業主婦を志向し、特に大手金融、ディベ、ゼネコン、商社などはバブル景気の花形でした・・


平成に入り、バブル崩壊から、今迄当たり前のように信じていた結婚への方程式は簡単に崩れていきました。失職に非正規雇用、収入が減って、男性が外で働き女性が家事や育児をするという結婚の形態が成り立たなくなっていった最初の試練でしたが、その後のリーマンショック、天災・・と都度、結婚や家族を取り巻く環境や意識、価値観は大きく変わり、平成から令和にかけて、女性にとって、結婚する事、子供をつくって育児のために仕事を辞める事は、非常にリスクの高い時代となってきたように思います。


そして、結婚は当たり前でなく、人生の投資対象のように、異性を吟味・選良して晩婚化にさらに拍車がかかっていく・・まさに、結婚は経済活動そのもの。そして、この10年の間に膨大な婚活マーケットが形成されてきたように感じます。つまり結婚の経済価値が可視化されて、株価チャートのように結婚へのハードルが上がっていっていく・・という悪循環が結婚難や結婚放棄、さらに離婚へ繋がっていったように感じます。


昭和型の結婚や夫婦のあり方も否定しません。現実に「専業主婦」が良い、専業主婦になってほしい、という方も世代を超えて2〜3割いらっしゃいます。一方で性別での役割分担ではなく、価値観や能力による役割分担を希望する男女も増えていく中で、家族の姓の問題や夫婦別姓など、さらに多様な価値観がまた結婚を難しくしている側面も感じています。


結局、昭和型から平成移行期、そして令和と確実に結婚を取り巻く男女の意識や価値観は、より混沌として結婚できない男女を大量生産する中で、誰もが答えを見いだせない状況にあるように思います。


2020年8月・・


ウイズコロナ・・アフターコロナ・・が日常になってきた現在、少し今迄とは違った感触を感じています。

今月成婚されたカップルとのお話で

44歳女性(メーカー)
「一人でも生きていける、でも二人ならもっといいね・・」
48歳男性(製薬関連)
「リモートで仕事をしてく中で、キャリアに固執する自分に疲れた・・」

42歳女性(専門商社)
「悩んで泣きながら結婚を決意した。一緒に居たいから・・」
50歳男性(金融関連)
「私を紹介下さってありがとうございます・・」

33歳女性(銀行証券)
「理想や見栄、憧れよりも大切な温もりを感じた・・」
38歳男性(内科医師)
「早く家族が欲しい。子供も欲しい。一緒に育てたい・・」

28歳女性(サービス)
「無理をせず、今、享受できる幸せを掴みたい・・」
33歳男性(ゼネコン)
「お会いした日に結婚したいと思った・・」


相変わらず、男性は朴訥としていますが、
女性の言葉には、ある種の重みを感じて感銘しました。

何となく心を打った「言葉」を列挙してみました・・

皆さん、何か感じる部分はありますか?
あきらかにコロナ禍の中で、結婚観の新たなステージが始まった・・って感じたのは大袈裟でしょうか?

成婚のご挨拶に来社された後、帰り際の皆さんに、「幸せになってね」と、お声をかけた時の、皆さんの「はい」が、私はとても嬉しいです。

リエゾンピュア銀座


「パーソナルスペースとソーシャルディスタンス」 お相手のパーソナルスペースを知ろう!! 

パーソナルスペースとソーシャルディスタンス


今、コロナ禍で、ソーシャルディスタンス(Social Distance)が叫ばれ、全世界の共通言語のようになってきていますが、決して新しい言葉ではなく、1960年代に文化人類学者のE・T・ホール博士が説いた、人間の生活様式全体の具体的なありかたについての体型的にまとめた対人距離の考え方です。あくまで、文化人類学者の提言ではあるものの、建築やプロダクトデザインなどを専門とされる方は、必ずパーソナルスペースを人間工学の一分野で学んでいると思います。


国や民族、地域、個体差によって、対人距離の考え方は違いますが、空間を構成する基本的なモデュール(基準寸法)に無意識に落としこまれてきている事も事実です。


よくご存知の西洋のオーダーや日本の木割に始まるモデュール、畳や木軸、西洋の列柱廊にみる整然とした美しさも、この基準寸法に用いられるモデュールの基本単位を見て取れます。


近現代に入って、コルビジェのモデュロールに始まるプレファブリケーション技術は、近代建築にとっての大きなツールとなり進歩していきますが、振り返ると、20世紀は正方形とグリッドシステムの最たる時代とも言えます。このグリッドの中で、個体間の距離や密接度合い、社会的な距離や公共的な距離を私たちは、自然と身に付けて来ています。


日本人の社会的距離(ソーシャルディスタンス)は。古くからしっかりと文化に根ざして、確実に様式美の次元まで高められているように思います。


四畳半や六畳間・・での、主と従の関係から、路地で触れ合う人々交わり、刀の鞘が触れない程度の密接距離から、60cm〜70cmの日本刀を抜いた侍の個体距離は2700mm・・畳一畳半。これが日本人のソーシャルディスタンスの基本です。


脈々と受け継がれてきた日本人特有のこの距離感覚は、良かれ悪しかれ今のコロナ対策に役立っているのではと思います。


欧米と比較して日本人は、<Personal Distance>と<Social Distance>が、広めな民族ですが、それいえ「距離感が難しい」と悩む人が多く、特に男女間では、この距離のとり方次第で、婚活も大きく変わってきます。女性は密接距離<Intimate distance>が広く、かつ全方位型で、側面と背後は、男性の数倍はあります。逆に男性は猪突猛進型、前方2〜3m、刀を抜いた侍の個体距離ほど警戒しています。背後はガラガラで、意識の外にあります。


交際に入ってこの距離の縮めた方で迷ったら、異性の仲人にいろいろと聞いてみるのが良いでしょう。男と女ですから、仲良くなれなければ結婚はありません。パーソナルスペースについて知ることで、人間関係だけでなく婚活自体をうまくいかせることができます。



リエゾンビュア銀座


ご成婚報告 !!「コロナ禍の中、しっかりと愛を育んでのご成婚」 
2020/06/28, 02:59 PM - 成婚・結婚報告



コロナ禍の中、しっかりと愛情を育んで成婚していくカップルもいます。

2月から自粛が続く中、今月は4組のご成婚がありました。この時期としては、例年よりはかなり少ないですが、皆さん共通している点として、コロナの時期だからこそ、いろいろ知恵を出し合って、しっかりとデートをしていたようです。

公園を散歩をしたり、オンラインでお二人だけの夕食会や思い出の写真をオンラインで共有・・将来の夢を語り・・ また、女性医師の方は、病院から外出を禁止されている中で、お二人の日記(ブログ)を毎日更新されたそうです。なんだか、思春期の交換日記みたいだね・・って、スタッフと一緒に微笑んでいらっしゃいました。

6月の14日・17日・21日・27日・・
  

何の日か知っていますか?
そうです。大安です。

リエゾンでは、成婚退会をできるだけ大安や友引などのお日がらの良い日に合わせて、お手続しています。

今月の成婚退会で、私がとても嬉しかったのは、長く婚活をしていて、最近少し疲れた表情をみせていた34歳の女性Aさん・・

年明けからコロナ禍、ネガティブな環境変化もあって、お気持ち的には辛かったと思いますが、お見合いから交際、成婚まで3ヶ月もかからないスピード婚でした。

ご縁というのはわからいものです。

何回デートしても上手くいかないカップルも多い中、数回のデートで信じ合える相性というか・・これって本能の肌感覚ですね。お相手は35歳の爽やかで知的な男性です。


本当にご成婚おめでとうございます。
スタッフ一同、心よりお慶び申し上げます。


リエゾンピュア銀座


銀座で婚活 !! そろそろ【 婚活起動 】女子婚活の立位置は..「確実な結婚への道筋」  

緊急事態宣言、大阪、兵庫、京都において解除されましたね。

首都圏も近々で解除に向かうと思われますが、当面の自粛環境に大きな変化はないでしょう。しかし、ワクチンや特効薬を期待して待っている間にも、世の中は刻々と次のステージへ進んでいきます。

欧米各国は経済にシフトし始めました・・

リエゾンの会員さまの動向を見ていると、
5月連休明けくらいから、徐々に活動は活発になってきています。

自粛慣れと自粛疲れもありますし、このままずーっと自粛はありえないですね。日々生活に注意しながら、今出来る事は積極的にやっていく。新たな事にもチャレンジしてみる・・

と、Sさん。
少し前向きなご意見も聞かれるようになりました。

私も同意見です。

自身の将来です。
しっかりと生活環境を管理しながら、新しい出会いも進めていきましょう。

女子婚活は、年令の立位置がとても大切です。29歳と30歳は確実に違います。34歳と35歳も違います。年令を重ねる度に婚活ダメージは大きくなります。既にコロナ禍の中で、ひとつ歳をを重ねてられた方も多く、思い通りの婚活が出来ない・・と迷っている方もいらっしゃると思います。

そろそろ、婚活起動 !

私たちリエゾンスタッフと
確実な結婚への道筋」を作っていきましょう。

リエゾンピュア銀座





| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次へ> >>