婚活・パーティー・真剣な出会い・お見合いは、リエゾンピュア結婚相談所|婚活ブログ|

お電話でのお問い合わせは0120800837
お試しお相手紹介医師専用申込みカウンセリング申込み
東京五輪と新国立競技場、婚活も結婚も就職も安定志向... 
東京オリンピックでの、東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場が、現行案で決定したそうな...

皆さん、どのように思われたでしょうか?

マスコミ各社は、建設費用と工期の話ばかりで、肝心な建築そのものに対しての視点が欠落していて、あまりに稚拙な議論ばかりで、私個人としては、辟易しています。

確かに、国民の税金を投入するのですから、建設費用は大切なお話ですが、某TV局は、まるで悪の如く叩いていましたね。この競技場についての建築的な議論、文化や芸術、スポーツの振興などの多角的な議論や、肝心なコンセプトに対する議論が抜け落ちていて、ザハの作品があたかも、奇をてらっているかのような表現も気になるところです。

例えば、パリのエッフェル塔の建設当時、パリ市民は、装飾のない鉄の塊は、パリにふさわしくないと激論が交わされ、同時代的に言えば、ロースのウィーンでのミヒャエル広場の前、通称ロースハウスも、マンホールの蓋に例えられて、酷評されたのも、建築と装飾の意味を問い直す、産業革命以降の重要な節目になったのは周知の事実です。

ロースの「装飾と罪」は、近代建築、都市・文化・芸術・工学論の祖といっても過言ではありません。酷評とはいえ、文化や芸術、都市論、工学的見地と将来を見据えた多面的側面からの批判や議論であって、建築に対する意識としては、日本は、建築家は優秀ですが、国民の建築的民度は、やはり低いと感じます。

今回のコンペ当時の案と減額案では、建築の意味も変わる程、当初のダイナミズムやザハの建築的問題提起は、薄れ、鈍重なつまらない建築になってしまっています。と私は感じます。

にも関わらず、減額案で決定...と聞くと、何だ..という感じの、ちよっとしたつまらなさを感じてしまうのは、私だけでしょうか。

できれば、ザハ・ハディド氏や委員長の安藤忠雄氏のコメント等もできれば公開して頂いて、もっと広く多様な角度で、国民全体を議論に巻き込むくらいの事をしてほしかったように思います。

ザハ・ハディド氏や安藤忠雄氏と同じく、プリッカー賞受賞した槇文彦氏も、別案を提示していましたが、説得力に欠けましたね。あの案を実行するくらいなら、仮設の競技場を建設して、イベントが終われば、解体して、維持費を含めて無駄なお金を使わない方がよほどいい...なんて過激ことも思いましたが、新しい事、社会的問題提起、全く過去に類をみない試み、革新的な試み...を廃し、安定と保守を求める...社会構造。

婚活も同じで、半数以上の女性が安定したお相手と言います。では安定って何?
と問いかけると、答えは出ない。

安定を維持する原動力や向上心、安定をヘッジするだけの知識や専門性、新たな事象に挑戦する揺るぎない信念や行動力... 
ただ、年収が良くても、高学歴でも、決して安定ではない事に気付けば、お相手への見方も大きく変わリます。

今回の新国立競技場の右往左往を見ていると、現代日本人の心のトレンドが、垣間見えてきて、婚活も就活も同じように感じるのは私だけでしょうか?
雑感です。


別ウインドウで見る ( 16 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3.2 / 1528 )
「東京銀座資生堂ビル」からの帰り道、ちょっとした考え事... 
先ほど、お見合いの引き合わせの帰りに、「東京銀座資生堂ビル」の前を通って、銀座4丁目まで帰ってきました。

東京銀座資生堂ビルは、
リカルド・ボフィールの作品で有名です。当時、東京建築賞優秀賞を受賞したのを覚えています。何かの文献で、外壁の色の案をボフィールの提案色から変更したというのを記憶しています。

ボフィールと言えば、壁面の魔術師...

といっても良いほど、単調な外壁に力を与えてくれます。
特に、ウォールデン7集合住宅や、アンドラ、メリチェイの聖母教会などの壁面の力強さは、その場の空気すら変えてしまう...折衷主義..若しくは、ポストモダンというべきなのか、
フィリップジョンソンは、レイトモダンという言い方もしていますが...
ポスト・モダニズムの表現力とハイテク技術の融合を彼独特の哲学で融合と調和をみせている作品の一つだとおもいます。

しかし、東京銀座資生堂ビルは、ギリギリまで、ボフィールの挑戦を感じますが、それほどの力やインパクトを感じません。開口部や壁面の扱いは、たいへん美しく、ボフィールらしさを感じますが...潜在化にある泥臭さというか、本能に触れる瞬間が商業主義的に改編させられているような感じを受けます。思考・思想の途中経過を切り取られたような感じを受けるのは私だけでしようか。たぶん、日本の建築法規とゼネコン、クライアントとの間でいろいろと葛藤があったのではと感じます。

ボフィールは、ご存知のようにバルセロナの出身、あのガウディーやビカソ、ダリをみて育った建築家です。

ぜひ、建築や美術に興味がなくとも、彼の多様性のある建築を一度、見に行かれることをお勧めします。

彼の作品には、建築家やエンジニアばかりでなく、文筆家・数学者・物理学者・写真家・哲学者・経済学者・社会学者・マーケティング...と多彩な分野の人々がスタッフとして、設計、論理構築されています。私の理想とする組織形態でもあります。

ですので、リエゾンも単なる既婚者です。経験があります。...的な仲人は必要ないと考えています。

結婚相談所もいろいろあります。古典主義の仲人もいらないし、、ネオモダンの仲人もいらない。必要なのは、多彩で、かつ多様性を受け入れる事のできる柔軟な思想とシステム。

とはいうものの、
古典から現代迄、技術と思想を突き詰めても、男女の本質的な恋愛はあまりかわらないのでは、と感じてしまうのですが、少し、動物的すぎますか?
好き・嫌いは、条件ではなく、肌感覚...

雑談でした。

結婚相談所 東京銀座リエゾンピュア


別ウインドウで見る ( 14 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3.1 / 591 )
経営者、開業医師の為の医業・事業継承に伴う、ご子息・ご令嬢のご結婚相談について 
医業継承・事業継承に伴う、ご子息・ご令嬢のご結婚相談について

医師、経営者をはじめ、お子様のご結婚は頭の痛い問題でもあります。

晩婚化の傾向の中、事業の安定的拡大や、スムーズな継承問題で、

お悩みの方に個別相談会を実施しています。


ご結婚のみならず、継承における経営問題...

手続き、医療法、その他医業経営、マーケティング

などの経営のご相談も承っています。


MEDIX CONSILTING GROUP の経営ノウハウと、

リエゾンの結婚カウンセリングに特化した、医業・事業継承に特化した個別の相談会です。

随時、実施しています。

例...

お嬢様に医師免許かない..どなたか、継承を前提に医師との結婚はできないものか...

息子もそろそろ結婚して、落ち着いて経営に専念してもらいたい...

経営者一家なので、同じような環境でお育ちになった、お嬢様と結婚を考えたい...

医師一家なので、お相手も医師や研究者がいい...


MEDIX CONSILTING GROUP、リエゾンでは、全国300社以上の法人会員、お取り引きがあります。

必要な情報を必要な方に、

お相手探しは、経営に精通したリエゾンで、ご相談下さい。

結婚相談所 東京(銀座 渋谷 福岡)リエゾンピュア


別ウインドウで見る ( 6 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3.1 / 1010 )
理想の結婚、お相手の相手...「金銭感覚・貯蓄率 ? 」 
「女性に聞く「理想の結婚相手」の金銭感覚」と題して


お金の管理ができていない男性」の支持率は0% との事。

人気なのは年収500万円・貯金500万円の収入と貯金のバランスのとれた男性で、年収1000万円の男性よりも年収300万円でも貯金ができている男性の方が結婚相手としては人気。

また、「7割近くの女性が、「自分が家計を管理し、旦那はお小遣い制」とするのが理想だと思っていることが判明した。

※DIME編集部の調査による(yahooニュースより引用)


確かにリエゾンの会員も同じような傾向を見て取れます。しかしこの調査、20代30代女性との事ですが、20代の女性でも、自身のキャリアや経歴など、少なくとも自分年収より、多い男性を求める傾向が強く、年収300万円でも貯金ができている男性の方が結婚相手としては人気...というのは、ちょっと本質とずれている印象を受けました。
金銭感覚・貯蓄率...お相手選びの条件の一つではありますが。

30代ともなれば、お相手は40代男性も視野に入れますので、貯蓄率も大切ですが、
600万以上の年収を継続的にコンスタントに収入を得られる環境と、お相手の適性と能力、ポテンシャルの高さに重点をおいているように感じます。当然、お相手の年令が上がれば、1000万以上の男性を求める方も多く、この記事、ある一面の傾向ような感じがします。若しくは、調査対象が、キャリア志向の女性を外し、一般職の女性、いわゆる普通のOLさん...という感じもします。

たしかに、院卒から大卒、短大卒、専門卒、と女性の意識も多様ですので、平均するとこのような結論に至ったのでしょう。

金銭感覚や、貯蓄率などは、当然気になるところだとは思いますが、常識を外れている人は最初から論外。だいたい、独身の男性が結婚前にせっせと貯金に励んでいる姿を想像してみてください。貯金よりもスキルアップに、勉強、語学の習得...やる事はたくさんあります。

労働者意識が強く、愚痴ばかりで、頼りがいがなく、リーダーシップを発揮するどころか、自ら人生を開拓できない男性に、貯蓄率や金銭感覚だけで、好きにになれますか?

貯蓄率や金銭感覚のない男が増えている ? と言う事でしょうか。

要するに身の丈に応じた、生活ができない男性という意味でしょう。それより、10年.30年.50年先を見据えた、生き方のビジョンを明確に持っているタフな男性を本能的に女性は嗅ぎわけているように感じます。

日々感じる事は、婚活にあける女性の真の本音は違う所にあるように感じます。
女性の皆さんは、どのように感じますか?

言葉にすると、普通で安定した人、真面目で誠実な方、家庭的な方。
と返ってきますが、実際は、自分の理想の結婚は、曖昧模糊...自身で整理できていないだけで、潜在化にある本音と向き合った時、好きになれない自分自身を説得できないでいる...私にはそのように感じてなりません。

女性の気持ちは複雑です。男性の方、女性に対する気持ちは、常に真摯に向き合いましょうね。


結婚相談所 銀座・渋谷・福岡 リエゾンピュア

別ウインドウで見る ( 4 views )   |  このエントリーのURL   |   ( 3 / 1184 )

<< <前へ | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 次へ> >>