婚活テク・会話力と印象|結婚相談所リエゾンピュアお役立ち婚活情報

お問い合わせは
お試し結婚お相手紹介医師カウンセリング申込み無料カウンセリング申込み
トップページ > お役立ち婚活情報 > 婚活テク・会話力と印象

お役立ち口コミ婚活情報

婚活テクニック「会話力」から読み取るお相手との発展性

お見合い・交際での会話力…

会話力は、語彙力、リーターシップ、専門性、雑学、文化、品格…と、いろいろな面が見えてきます。
プロフィールからは分からない大切な条件です。

会員様のおはなしから、お見合いや交際の時のお相手の表情や会話の中味、会話の組み立て方…等に不満足を感じて、
あるいは無意識に頼りなさを感じて、交際をお断りするケースを多く見かけます。

少し、会員さまの例をタイプ別にまとめてみますと、

  1. 朴訥で口数は少ないもの、温かい配慮や頭の良さや切れ味の良さを感じる人
  2. 会話は饒舌だけれども、印象に残らない、あるいは軽率に見える人
  3. 馬耳東風な人、聞いているのか、分かっているのかぁ・・的な人
  4. あまりお話上手でないけれど、聞き上手で、お相手には不快な思いをさせない気遣いの出来る人
  5. 話ベタ、だけど、人柄は良さそうな感じ、とても感じの良い雰囲気の人

さて、貴方は...

ここでいう会話力は、饒舌であるかどうかを求めている訳ではありません。
100人いれば、100人のそれぞれの個性があります。

だからこそ、しっかりとお相手との相性を考えてほしいのですが、
短絡的に、お話ベタだからダメという問題ではない事は、既にお分かりと思います。

しかし、
例えば、堂々としていない…お相手の目をしっかり見てお話ができない人…
何となく虚ろな表情や、覇気のない雰囲気…、落ち着きがない...
とにかく、華がない。

こういう方は、やはり難しいでしよう。

さて、ここで問題としている、会話力とは、会話と所作が、お相手にどのような印象を与えるか?というお話です。

婚活が上手くいかない理由は、自身に問題がある場合が多く、いくら良いお相手を紹介されて、
お申し込みをしても、お見合いで、幻滅してしまうと、上手くいくはずがありません。
特に、スペックとのバランスを欠いている方とのお見合いで、陥りやすい事例です。
例えば、ブランド大学の出身で、年収も高く、比較的容姿もスッキリ… お会いすると、
そのイメージとは違うタイプの方だった…ギャップを感じて幻滅してしまう…男女共によくあるお話です。

会話力は、意図してもいなくとも、その方の品性や品格、倫理観、哲学、寛容さ、リーダーシップ、お人柄まで、
お相手に伝わります。だからこそしっかりとした対策(意識する事)が必要です。

受験や就職の面接と同じです。自分自身を客観的に俯瞰してみて、上記に少しでも該当するようであれば、
まずは、最低限、お相手に不愉快な気持ちをもたせない…から初めて、
より魅力的に自分を演出しましょう。これが出来れば苦労はしない…そうですね。練習すれば誰でも、
魅力的に会話が出来るというものではありません。

しかし、結婚への第一歩は、話しかける事から始まります。お相手をを知ろうとする気持ちがあれば、
自ずと、まず何をすべきかが分かると思います。

自身を分析して、少しでも素敵な大人になろうとする意識改革は必要です。
話ベタな人は、とにかく、経験が必要です。人を選ばず、誰とでも積極的にお話してみましょう。
婚活の第一ステップです。

人とお話する事は、簡単なようで、難しく、婚活を始めると、先ず最初に悩むポイントですが、
男女ともに、あまり神経質にお相手を観察するのではなく、少し寛容にみる事も必要です。

悩んだら、ぜひご相談ください。